あいさつ



「関西企業法務研究会」のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

このホームページは、企業法務担当者や弁護士等、日頃企業法務に従事されている方々のためのホームページです。

当研究会は、京都及び大阪の上場企業の法務担当者及び弁護士をメンバーにして、平成4年5月に設立され、設立以降、ほぼ毎月研究会を開催しています。そして、去る平成9年9月、第50回目を迎えてました。会員の所属企業は、電器メーカー、自動電子制御システムメーカー、測定器メーカー、電子部品メーカー、アパレルメーカー、印刷業、写真現像業等、多業種にわたっております。

研究会の研究テーマは、当初「コンピューターソフトウエアと米国著作権判例研究」でしたが、その後、「マルチメディアと法規制の研究」「各種契約類型の研究とその参考例の作成」と行ってきました。現在は、「インターネットにおける法律関係」を中心に研究しています。

企業法務関係者にとって、多岐にわたる法務知識やノウハウの獲得は非常に重要なものですが、参考文献の不足、法務関係者同士のネットワークの不備のため、なかなか思いどおりの知識やノウハウを得ることができないのが現状です。

われわれ研究会のメンバーは、これらの状況を打破し、より良い法務活動ができるよう、このホームページを打ち立てることにしました。

我々は、これらの研究成果を随時公表することによって、企業法務担当者の便益に供したいと思っております。内容的にはまだまだ未熟なホームページですが、今後時を重ねながら、皆様の業務に貢献できるようなホームページに育てていきたいと思います。どうぞ宜しくご期待下さい。